京都革新懇2017年度・第38回総会



  2017年4月17日更新

  6月17日(土)
職員会館かもがわ
午後1時30分〜総会
午後6時〜交流懇親会
  はんなリズム2017 青年革新懇全国交流会in京都
  華やかに 伸びやかに 自分たちの手で社会をかえていく
2017年2月4・5日 主催 全国革新懇 実行委員会 協力 京都革新懇

2日間通して、全国から、近畿から、京都から240名以上の参加ありがとうございました。 これを力に京都革新懇、青年革新懇共に頑張っていきたいと思います。
 

4日 オープニングステージ

 分科会
 分科会 エイサー体験  懇親会
 
懇親会  
5日 藤田氏講演 閉会 全員で記念撮影
あそばせろ デモ  
   
   京都ニュース新年号  暴走政治と対決し、革新懇羽ばたく年に
 
  はんなリズム2017 青年革新懇全国交流会In京都
  日程:2017年2月4(土)〜5日(日)
会場:京都教育文化センター

4日 交流会への報告と問題提起・分科会
5日 記念講演「若者の貧困問題を考える」(仮)

 
   Home-はんなりの2周年パーティー ありがとうございました。
  8/20(土)、無事にHome-はんなりの2周年パーティー、終了しました
☆個人、組織と新しい繋がりも生まれ、催しも漫才、エイサー、サンバと多彩に取り組まれ、2017年2月の全国交流会に向けての良い機会になったと思います(^-^)8/25(木)に実行委員会をします。興味のある方、ぜひお越し下さい

facebook 京都青年革新懇「homeーはんなり」

8月20日案内チラシ
   
   京都革新懇第37回定期総会 報告
 

 野党の勝利で戦争法廃止を! 京都革新懇第37回定期総会

5月14日、京都革新懇第37回定期総会が京都市職員会館「かもがわ」でされました。

主催者あいさつで森川代表世話人・弁護士は「安倍政権は戦争法案を通 してしまえば時間が経てば国民の怒りもおさまると思っていた。しかし戦争法廃止へと目的を少し変えて全国で運動が展開された。選挙に関しても市民が主体的に物事を提起するなど、日本の歴史で初めてのことが起きている」と述べ参議院選挙での奮起を訴えました。

続いて、渡辺武さんが、「『戦国のゲルニカ』と戦争法」と題して講演を行いました。渡辺さんは、大坂夏の陣図屏風に描かれている400年前の闘いの様子、略奪・誘拐・首とり・性暴力などをスライドで説明し、「戦争は400年前も100年前も現代も共通 して残酷この上ないもの」「この地獄の絶望の経験があったからこそ、もうこれ以上続けたらいかんという思いが、徳川の支配に服することも我慢させた」と述べ、憲法第9条で戦争放棄し武器は使わないとした。戦争は絶対にしないという思いは先人と共通 するものがある。戦争法廃止の政府を作るために参議院選挙を勝利しようと強調しました。  

総会議事報告を事務局長が行い、「戦争法廃止の政府をめざして、国政選挙での全国的な政党間共闘がすすむ新たな段階を迎えている。参議院選挙での勝利を勝ち取ろう」と強調しました。

団体、地域、分野の取り組みについて11人が発言しました。「3区補選では戦争法廃止、野党合意を広げる立場で、市民、個人の動きを作ろうと議論した。泉氏は告示前は安保法制一部廃止とあいまいな態度だった。本番ポスターでは“平和を守ろう、立憲主義守ろう 暮らしを守ろう”となり世論と私たちの運動が動かしたと感じた」(伏見革新懇)、「13年ぶりの中京革新懇の再開となった。今までの反省から幅広く代表世話人を選ぶ、事務局体制を強化するとした。10名の世話人体制確立、月一回の事務局会議など、ようやく軌道に乗ってきた」(中京革新懇)

「団体同士のつながり、個人のつながりも気軽に参加できる青年革新懇にしていきたい。
2017年2月4〜5日京都での全国青年交流会は、“はんなリズム”で盛り上げたい。全体会、分科会、懇親会、デモなどを行う予定。ご支援をお願いしたい」(青年革新懇)など多彩 な報告が続きました。

 全国革新懇総会に参加 結成35年、戦争法廃止の政府実現へ


 全国革新懇は5月21日、第36回総会を開きました。
会場となった東京神田の学士会館に京都からも参加しました。結成から35年目を迎え、国民的共同を広げてきた歩みを確信にして、野党・市民の共闘で戦争法廃止の政府実現へ全力をあげる決意にあふれました。  

報告と提案を行った笠井代表世話人は、「革新懇は、戦争法廃止の共同の『要』の役割を発揮した」「私たちの運動は『戦争法廃止の政府』構想を持ち、国政の中心的な課題を共通 目標に掲げ、国政選挙での政党間共闘を進める新しい段階を迎えている。参院選で必ず勝利しよう」と呼びかけました。  

特別発言を全労連小田川議長、日本共産党志位和夫委員長、北海道革新懇黒澤代表世話人、熊本県猪飼代表世話人、沖縄革新懇宮城事務局長が行いました。  全体討論では23人が発言。

京都からはHOME-はんなり(青年革新懇)の中根さん、伏見革新懇の村上さんが発言。

中根さんはトップバッターとしてはつらつ元気よくやりました。HOME-はんなりの活動、来年2月4〜5日に京都で開催される「はんなリズム2017青年革新懇全国交流会in京都」の成功を訴えました。「みなさん、ぜひ京都へお越しください。お待ちしています」と締めくくりました。  

伏見革新懇の村上さんは、伏見革新懇がFBを立ち上げての経験を紹介。提案されている「SNSの活用」を深めた。80歳を超えながらSNS活用を日常化している村上さんに感動のどよめきが広がりました。



   新年のごあいさつ
 

戦争法廃止2千万署名、京都市長選挙勝利、参議院選挙勝利で過半数割れを 戦争法発動させない闘いに



新しい民主主義的な到達点を築いた
 昨年の運動との関連で、今年の課題がどうなるかと言いますと、戦争法に反対する運動に関しては、全国で京都でもシールズの学生、あるいは子育て中のママの人たちとか、大学人の取り組みとか、これまで運動に参加していなかった人々が自分の思いで立ち上がって、そして戦争法反対の一致した目標で共同して運動を展開すると、そういう新たな動きがあったということはよく指摘をされています。

新旧の力がコラボした新しい運動の到達点
この到達点を次にどのようにつなげていくかが課題の年
戦争法施行は3月末までに施行
参議院選挙を睨んで戦争法発動を政権は模索か
2000万人署名運動、参議院での与党過半数割れを
戦争法の各法律を廃止まで発動阻止を
戦争法強行に対する京都市民の審判示すチャンスの京都市長選
オール与党対本田久美子さんとの対決構図
参議院京都選挙区で改憲・自民を落とす選挙に
革新懇出番の情勢に確信を

続きは、京都革新懇ニュース




   2015年「京都不戦のつどい」 2015.11.26
   2015年「京都不戦のつどい」
2015京都不戦のつどい」が11月26日夜、立命館大学衣笠キャンパス・創思館で開催され140人の学生・教職員・市民が参加しました。開会挨拶で宇野木洋不戦のつどい実行委員長(立命職組委員長)は、「安保法制が強行された重大な時期に、平和の問題をしっかり学習し行動していくことが大切。平和と民主主義の教学理念を学内のみならず京都全体にも発信していきたい。」と述べました。

  京都革新懇の発展強化を訴えます 2015年10月pdfにて
  共同を発展させ国民連合政府の樹立めざして、 京都での壮大な革新懇運動の発展強化を訴えます。
安倍内閣と自民・公明両党は、自衛隊をいつでも どこでもアメリカの戦争に参戦協力させることのでき る戦争法を強行採決し、成立させました。この戦争 法は憲法を根底から破壊する稀代の悪法です。この 暴挙を糾弾し、安倍内閣退陣を求めます。

、最高裁長官など元裁判
   一点共闘パンフ作成
  安倍政権打倒! 「一点共闘」と政治を変える共同の発展めざす懇談会 報告集を発行しました。
 内容 22ページ 懇談会の概要 報告者報告 会場発言など
 2014年10月18日(土) 京都アスニー にて


発行 日本の平和と民主主義・革新統一めざす京都の会(京都革新懇)
発行 2015年2月 頒価 100円

  三つの共同目標  
  1. 日本の経済を国民本位に転換し、暮らしが豊かになる日本をめざします。  
  2. 日本国憲法を生かし、自由と人権、民主主義が発展する日本をめざします。  
  3. 日米安保条約をなくし、非核・非同盟・中立の平和な日本をめざします。  

〒600-8216
京都市下京区新町七条下ル東塩小路町727
 企業組合しんまち403 人権連気付
 日本の平和と民主主義・革新統一をめざす京都の会
 TEL/FAX共用 075-352-3288
 
 革新懇へのメール kakusinkyoto@gmail.com まで
 HOME
ホームニュース出版物地域革新懇革新懇紹介行事予定|ご意見など|リンク